Journal

journal

ミラノデザインウィーク2016

ミラノサローネ(正式名:Salone del Mobile.Milano)は、世界最大の家具見本市として知られ、期間中30万人以上の来場者を誇ります。世界各国からバイヤーやクリエイターが集い、ファッションの街ミラノの一大イベントとなっています。

ミラノサローネ期間中は様々なデザインイベントが街中で開催されており、有名なインテリアデザイン雑誌INTERNI社の主催する巨大イベントでは、小倉織の染織家・築城則子さんと建築家・白川直行さんによるアートインスタレーションが行われました。ミラノ大学にて行われたこの作品では、日本とイタリアの国交150周年を記念し、150段の織物の階段が飾られるなどし、現地の人々を魅了していました。

HULSが小倉織ブランド「縞縞」と共同で企画した文化サイト「JAPAN KOKURA STRIPE」も同時期に発表され、小倉織の記念すべきイベントに、彩りを添えることができました。

DSC01442

見所の多いBrera地区

ミラノ市内のBrera地区では、ブレラ絵画館を中心にして、ファッションや家具関連のショップが立ち並び、感性豊かな人々が、それぞれの催し物を楽しんでいました。有田焼の400周年記念イベントや岐阜県主催の展示も行われており、日本のものづくりも年々、注目度を高めています。

DSC01467

Other Journals