Journal

journal

「KORAI」ヨーロッパ初展示 ミラノデザインウィーク2019にて「Sense of Nature」展開催

株式会社HULSは、ミラノデザインウィーク期間中の2019年4月8日(月)から14日(日)までの7日間、工芸ブランド「KORAI」のヨーロッパ初となるインスタレーション展示「Sense of Nature」をイタリア・ミラノにて開催いたします。

今回の展示「Sense of Nature」では、ミラノ・ブレラ地区の中心地にある老舗ギャラリー「Galleria Seno」にて、暮らしの中で風や光を感じるためのガラス作品「水の器」とともに、2019年の新作アートピース「漣 / Ren」を展示発表いたします。

新作アートピース「漣 / Ren」

■KORAI 特別展示 「Sense of Nature」

展示会場:Galleria Seno
住所 /Via Ciovasso,19,20121 Milano MI,Italy
展示日時:2019年4月8日(月)- 4月14日(日)10:00 – 19:00

KORAI オフィシャルWEBサイト:https://koraikogei.com
KORAIインスタグラム:www.instagram.com/korai_official/
ブレラデザイン地区・公式サイト:www.breradesigndistrict.it

■新作アートピース「漣 / Ren」

ミラノの展示「Sense of Nature」では、新作となる木製のセンスウェア「漣 / Ren」を展示発表いたします。「漣 / Ren」は、文化財を中心に、襖・屏風などの仕立て・修復を手がけてきた黒田工房の木工職人 臼井浩明氏とのコラボレーションにより生まれた、組子の木製モビールです。障子や襖など、日本独自の建具の要素を取り入れながら、水面に浮かぶ波紋や木洩れ陽を映し出したアートピース。丁寧に組み込まれた木の連なりを室内に飾ることで、木の合間から光がこぼれ落ち、住まいの中で美しい自然の陰影を感じることができます。

名称: 「漣 / Ren」
材質: ヒノキ
サイズ: W380mm、H345mm、D68mm
製造メーカー:黒田工房(京都府)


第一弾センスウェア「水の器」

ミラノ ブレラ地区の中心にある「Galleria Seno」

Other Journals